「竹島は日本の領土って言ってるけど、すでに韓国人が住んでるんですよね」 ひろゆき(西村博之)

尖閣諸島付近には今60日間連続で中国軍の船がいるらしいんですよね。今までは中国の漁船だったんですけど。

前までは「それっておかしくない?」っていうのをお節介のアメリカだったらやってくれてたんだけど、今のアメリカってやってくれないんですよね。

そして、中国が本気出したら日本の海上保安庁では勝てないわけですよ軍事的に。しかも、日本の場合って一人でも命がなくなっちゃった場合、国内問題になっちゃうんですよ。

「海上保安庁の人が死んでしまうようなことをしてまで尖閣諸島を守る必要があるのか」みたいな議論になっちゃうんですよね。そうするとごたごたと国内で言い争いをしている間に、中国は尖閣諸島に上陸して基地作って、そこに住民が住むようになって。何年かたって、じゃあ尖閣諸島って中国の領土だよねって言えるようになっちゃうみたいな。

中国は同じことをベトナム沖でもやってるんですよね。もともと領土問題になってたところに軍事基地作って、そこに今住民が住むようになってるっていう。





あと身近なところで言うと、韓国が竹島に軍事基地を作って民間の人が住んでるっていうのをやってて、民間の人が住み始めて竹島は10年とか経つんじゃないかな。
結局住民が一定以上の期間住んでるとそれってその国の領土だよってならざるを得ないんですよね。

例えば、北方領土って第2次世界大戦が終わったときに、4島をソ連が持って行っちゃったんですけど、国連に問題としても持っていたとしても常任理事国のロシアがいるのでそもそも日本の主張は通らないですよっていう状況で、そしてもう住んじゃってる人がいるからその人達を追い出す訳に行かないでしょっていう。

しかも日本人なんかだれも住んでないじゃん。じゃあそこもうロシアでいいよねっていうことで、ロシア側に確定されちゃう可能性があるんですよね。なので、住人が住んでるって結構大事なんですよ。

要は、日本人が誰も住んでない島でロシア人が普通にそこにじゃあ300人住んで生活してますって状況で、日本が北方領土は日本の領土だからって言ったって、他の国から見たら「いやいやロシア人住んでたらロシアでしょ」ってなっちゃうんですよ。なので住人が住んでるって結構重要なんですよ。なので韓国はそれ分かってて竹島に住人が住むようにしてるんですよね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です