ひろゆき「頭がいいかどうかを判断するのに記憶力テストがあるのってどうかと思うんですよ。結局今はネット繋げばいくらでも検索できちゃうから記憶力が高いことってそんなに役に立たないんです。記憶力が無くても他の能力を持ってるほうが社会では結構役に立つことがあるんですよ。」







知ってるか知らないかの知識を求めることってあまり意味がないと思っています。

高学歴になるための頭がいいかどうかを判断するのに記憶力テストがあるのって問題だと思ってて、結局今の記憶力ってネット繋げばいくらでも検索できちゃうから記憶力が高いことって役に立つかどうかで言うとそんなに役に立たないんですよ。

例えば計算が早いから瞬時にお釣りの計算ができるとか、記憶力が良いから良く覚えられるんだけど、それってググればいくらでも解決できるから、その能力無くて他の能力持ってるほうが社会では結構役に立つことがあるんですよ。

知識が無ければ思考できないっていうけど、知識と記憶は違います。

例えば、年号とか覚えるわけじゃん。

鎌倉幕府は1192年に作られましたとか、今はもう1192年に作られてないっていう話になってるんですよ。

「1192年に鎌倉幕府が出来ました」って覚えたことって何の意味があるかって言うと完全に無駄なのよ。

覚えることで知識の容量が少し減るし、さらに覚えたことが間違っているっていう無駄なことをしちゃってるんですよ。

それより、鎌倉幕府っていうのがどういう状態で発生したのか、一番最初の幕府でそこから足利とかが始まるんだっけ?あんまり僕日本史詳しくないんだけどさ(苦笑)

っていう感じで全体の中で鎌倉幕府がどういう位置なのかっていうのを説明できた方がいいんじゃないの?

今僕で来てないけど(笑)

知識がないとググれない、検索ワードが思いつかないって言うけど、思いつかないのは知識じゃなくて、必要なものをどうやって探すかっていう能力かな。

要は言い換えることが出来るかどうかが重要なんです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です