ひろゆき 「日産とかJALに公的資金の投入をするのは反対です。競争相手(トヨタ・ANA)が日本国内にいる場合はするべきではないです。要は無能に金を突っ込むと有能の足引っ張るんですよ。」







各企業と状況によるんですけど、まず競争相手が日本国内にいる場合は公的資金の投入は反対です。

鬼怒川温泉がなぜ潰れたのかって話があって、鬼怒川温泉は温泉地としてだいぶ廃れたんですよ。

もともとバブルの時代に鬼怒川温泉ってめっちゃ流行ったんですよ。

バブルの時代に流行ったせいで会社で40人とか50人とかが大型バスで来て、でかい宴会場で騒ぐのに特化した建物をいっぱい作っちゃったんですけど、バブルが崩壊した後、温泉って個人客メインに移ったんですよ。

個人客にシフトをしなきゃいけなかったんですけど、鬼怒川温泉は個人客シフトに失敗したんですよ。

要はすごい大型の温泉を作っちゃって、もうそんなに50人も60人も来ないよねっていう状態で経営を続けたんでバンバン潰れたんですよ。

バンバン潰れる中でも個人客相手に細々とやってるところは一応何とかうまく行ってたんですよ。

そして鬼怒川温泉教会みたいなところが役所からお金もらったのでお金を配りましょうということになったんですけど、

その時に、状況鬼合わせてその個人客向けに細々とうまくやって頑張ったところには

「お前のところ上手くいってるんだから金いらないよね」

っていうので、何にもしないで、バブル狙いでお客さんがいなくて潰れた無能の旅館に金ガをンガン突っ込んだんですよ。

そのせいで無能なところが一生懸命自分たちの努力で個人客向けに頑張っているところの客を奪い始めたんですよ。

結果として無能がやってる大型旅館は、そんなに個人向けにきちんとしてるわけじゃないから

「別に鬼怒川温泉そんなにいいところじゃないよね」

ってなっちゃって、個人客向けにきちんと頑張ってた所もお客さん奪われて鬼怒川温泉全体として評価が下がって、お客さんが減りました。

ちゃんちゃんっていう話らしんですよね。

要は無能に金を与えると、その無能が無能である故に頑張ってる人の足を引っ張り始めるんですよ。







要は、日産自動車っていうところが今無能ですと。

なぜなら利益も出せてないし車も売れてないと。

日本にはトヨタ自動車っていう世界中できちんと車を売って利益を上げている会社があるんだけど、公的資金を突っ込んでトヨタのシェアを奪うとトヨタの利益が下がるんですよ。

トヨタの利益が下がるとトヨタの研究開発費が下がるんですよ。

そうするとトヨタは今後EVとか電気自動車とかハイブリッドとかを世界中で売らなきゃいけないのに、その研究予算が減るんですよ。

なので結果としてトヨタが世界であげる売り上げは下がりますと。

それはなぜ起きたんですかって言うと無能の日産がトヨタの売り上げを奪ったからですと。

じゃあなんで無能の日産がトヨタの売り上げを奪えたかって言うと公的資金を日産に突っ込んだからですよねってことになるので、要は無能に金を突っ込むと有能の足引っ張るんですよ。

なので僕は日産にお金を出すべきではないと思っています。







これがJALとANAも同じで、JALとANAって同じ条件で競ってたんですよ。

でもJALは年金がめちゃくちゃ高いとか、パイロットの給与めちゃくちゃ高いとかがあってJALが潰れました。

その後、ANAがきちんとやってANAが伸びればいいんだけど、もう1回JALを復活させました。

そして、JALとANAで対決させていて、またJALがまずくなってるじゃないですか。

ここでまたJALにもう1回お金突っ込んだらもうANAは努力してるのに全然意味ないじゃんっていうので、ANAも努力しなくなるパターンの可能性があるんですよね。

潰れても金もらえるんだからいいじゃん、もう潰せばってなっちゃうじゃないですか。

なのであんまり僕は公的資金入れるっていうのは賛成しない派です。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です