ひろゆき アベノミクスが失敗である理由を解説! 「理由としては失業者は減ったけど増えた雇用の7割が非正規+株価上がったけど庶民の給料上がってないってこと。株価上がって得したのは金持ちだけで、庶民は得してないんですよね。庶民の生活が上手くいってない限りはその政策は失敗だったんじゃないかなって思っています。」







僕はアベノミクスは上手くいってない派閥なんですけど、理由としては株価が上がったとしても庶民の給料上がってないんですよね。

雇用が増えて失業者減ったよねっていうのがアベノミクス上手くいったよねって言ってる人の主張なんですけど、増えた雇用の7割って非正規雇用だよねっていう。

要は非正規雇用が増えるっていうことは僕は良いことではないと思ってるんですよ。

雇用が増えたよね、それ自体が良いよね。非正規雇用でも増えた方が良いよねっていう人にとっては良いことでしたと。

非正規雇用が増えて、個人の一人暮らしの貯金率って大分減り続けてるんですよね。

結婚している人とか一緒に誰かといる人って、一緒に住むことによって、それなりに価値があると思われている同士なので大体それなりに稼げてるんですよ。

1人暮らしの人って色んな理由があると思うんですけど、理由としてお前と一緒には誰も住みたくねーよって言われてる人が一人暮らしをしている可能性が高いんですよ。

イケメンとか美男美女とかだったら一緒に住みたいってすぐに手が上がるじゃないですか。稼いで来るからうちにいてっていうのもあるんですけど。

僕の知り合いのひげおやじさんみたいな、ブサイクでデブで性格も悪くて死んだ魚の目をしてる人とかだと誰も一緒に住みたくないと、なので一人暮らしになりますよねみたいな。

そういう一人暮らし家庭の人って貯金ゼロが4割行くんじゃなかったかな。

毎月毎月働いて給料はあるんだけど、その給料で生活するのが手いっぱいで貯金額がほぼゼロっていう、そういう人増えてるんですよね。







株価が上がると基本的にお金持ちは得をするんですよ。

アベノミクスの時代に株価が倍くらいになりました。

なので、ぶっちゃけ僕皆さんと違ってそれなりにお金があって、それなりに株も持っているのでアベノミクスのおかげで結構得はしていますと。

一般の人の10年分くらいは得をしていますと。

なので、アベノミクスではメリット大分味わった側なんですよ。

じゃあ一般の人って株持ってるのって言うと、内閣府が調べた調査で日本人で株買ってる人って12%しかいないんですよね。

12%のうち全員が得をしているかと言うと、前澤さんみたいに株買ったけど44億円損しましたみたいな人もいるんですよ。

なので、株を買っている12%全員が得をしているわけではないと。

じゃあ、庶民も株買えばいいじゃんっていうのがあるんですけど、例えば僕が株を一千万円分買いました。10%の利回りで1年間に100万円増えました。1年経って100万円貰えたら良いじゃないですか。

でも、一般の人って株買おうって思ってもせいぜい1万円とかで、頑張って買ったとしても10万円とかなんですよ。

1年間一生懸命調べて株を買いました。10%利回りになって得をしました。10万円の10%って1万円なんですよ。

要は、1年間色々調べて10万円を失うかもしれないっていうリスクを負ったうえで、得をするのが1万円なんですよ。それってやらない方が得じゃね?っていう(笑)

なので、なんで日本人が株を買わないのかっていうと、自由に使えるお金が10万円くらいしかない人って株買ってもしょうがないんですよ。

株を買うにしても100万円とかそれなりの額を動かさないと1年経ってメリットになるかって言うと大してメリットにならないんですよねっていう話です。

なので、元々お金持ちの人は株価で得をしますと。

でも庶民は株を買うっていうのは基本的に難しいし、買ったとして10%得しても大した金額じゃないと。

そして非正規雇用の人が増えてしまったので、給与取得者の給与平均は下がったんですよ。

働いている人の平均所得っていうのが下がっちゃったんですよね。非正規雇用の人が増えたので。

なので、それは経済的にうまくいっているのかと言うと僕はそうじゃないんじゃないかなと思う派だったりします。

国家は何をするためのものかっていうので、人によって考え方って違うと思うんですけど、僕は金持ちが超絶幸せになるかどうかは政府とかにとってはどうでもいいことだと思ってるんですよ。

金持ちって金で買いたいものがあれば買えばいいし、行きたい所があるんだったらいけばいいし、もう好きにしてくださいと。

政府が何らかの手助けをする必要ないと思うんですよ。

なので、国って本来やるべきことって、不幸な人をなるべく減らすっていうのが国・政府がやるべきことだと思うんですよね。

例えば、手がありませんとか足がありませんとかっていう人っているじゃないですか、とは言え不倫とかしたりするんで分からないものなんですけど(笑)

とは言え、そういう人が産まれて手足が無かったら暮らせないよね。金稼げないよね。じゃあ、その人が稼げるくらいの補助をしましょう。っていうのが国家として最低限苦しむ人を減らそうっていうシステムだと思うんですよ。

まあ、それでも5人くらい同時に不倫される方もいるみたいなんですけど(笑)

なので、収入が低いですとか、僕の知り合いのひげおやじさんみたいに頭が悪いから大した仕事ができませんみたいな人が、一生懸命働いても生活できないよっていう人に対して補助しますみたいな、いかに貧乏な人を減らすかっていうのと、いかに不幸な人を減らすかっていうのが政府がやるべき仕事だと思ってるんですよ。

今回のアベノミクスの株価が上がって得したでしょ?っていうのって金持ちが得してるだけで、庶民は得してないんですよね。

僕は政府は庶民を手助けするべきだよねって考えなので、庶民の生活が上手くいってない限りはその政策は失敗だったんじゃないかなって思っています。

金持ちが金儲けてるんだから全然いいじゃんって思ってる人もいると思うんですよ。

僕は残念ながら東京都北区赤羽出身で産まれた時から銀のスプーンを咥えて産まれてきたので、皆さん庶民とは違って金持ちの生活しか知らないので、アベノミクスでお金また増えちゃったみたいな感じにはなったんですよ。

でも国家としてこれを成功っていうのはどうかと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です