ひろゆき 日本のIT化が進まない理由を解説! 「日本は『何かしたいんだったらインターネットを使えるように学習してください。学習するのは当然で、出来ない人が不利になるべき』っていうことができない。学習能力のない人たちに基準を合わせているから技術の進化が遅れていく。」







日本のIT化が遅れた理由は、平等というか一番下の人に合わせるっていうのが当たり前だと思ってるせいじゃないですかね。

例えば、持続化給付金の申請とかもWebでできますってなったんですけど、インターネットを使えない人もいるので、手紙とかFAXとかでもOKにしなきゃいけない。

何かしたいんだったらインターネットを使えるように学習してください。学習能力のない奴は回りに自分がお金を払って頼むなり、自分で何とかしてください。

要は学習したり物を学ぶのは当然ですよと、出来ない人が不利になったりハンデを負うべきですよねっていうのがアメリカとか先進国の考え方なんですよね。

なので、Webで申し込みしてください。もしWebで申し込みできないんだったら知り合い連れてきて自分で何とかしてくださいと。

でも日本の場合って、インターネット分からないっていう人がいると、インターネットが分からない人でも分かるような仕組みにしましょう。郵送とかFAXとかでできるようにしましょう。っていうことになります。

要は勉強した人・学習した人が得をするんじゃなくて勉強しなくても学習しなくても何とかなるっていう下に合わせるっていうのが基準としてあるので、世界ってみんなIT化していて、携帯とかで何でもできるよねとか、オンラインバンキング当たり前だよねってどんどんIT前提の社会になってるんですよね。

ところがどっこい、日本の場合って未だに銀行行くと窓口でやるのが当たり前だよねって感じで、窓口に行くんだったら手数料めっちゃとりますよっていうのがシンガポールとか外国の銀行のパターンで、オンラインバンキングだったら振り込みとか0円でできたりとか、1回300円なんだけど、窓口でやるんだったら5000円かかるみたいなのを割と外国の銀行ってやるんですよ。

でも日本の場合って窓口の人でもオンラインバンキングの人でも手数料一緒とかにするんですよね。

でも窓口の場合って人件費必ずかかってるわけじゃないですか。窓口の銀行員の給料とかあるので。

その窓口の銀行員の給料っていうのはどうやて払うのかって言うと、振り込みを窓口で行った人の手数料を取るんじゃなくて、オンラインでやってる人たちの本来コストがかからない人たちに手数料をかけたりするんですよ。

なので、日本だと銀行の振り込みで800円とか他の銀行に送るとかでかかるんですよ。

それって他の国とかだとPaypalとかオンラインでお金を送る仕組みっていうのが普及してて、Paypalでお金送るんだったら手数料かからないんですよ。

そんな感じでお金を送るっていうのは手数料無料でできる仕組みっていうのが他の国ではあるんですけど日本ではないと。

なので、銀行にせっかくオンラインで出来るようになってても、手数料を払わなきゃいけない。

ていう感じで学習能力のない人たちに基準を合わせているので、そこに手数料とかコストだったりっていうのがあって、技術を発展させる必要はないよねってなって、技術の進化が遅れていくっていうのが日本のいつものパターンなのかなって思ってます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です