ひろゆき 日本が国として長続きしている理由を解説!「日本は地政学的に他の国が攻めない方が得だから占領されなかっただけで、超絶優秀だから西洋と戦って勝ったとかそういう話ではないです(笑)」







第二次世界大戦後の日本ってアメリカが占領して、ロシアと戦うときの壁にしたんですよね。

ロシアとアメリカが戦うときに日本がアメリカの本土だとすると、日本が攻撃をされた場合、ロシアと戦わなきゃいけないじゃないですか。

「日本は別の国です。でもアメリカは日本をコントロールしてます」ってなると、日本人が死んだとしてもアメリカ人が死んだわけじゃないからワンクッション置いたうえで、ロシアに攻撃っていうのができるんですよ。

政治的に、例えばロシアが先制攻撃をしてアメリカ人が死にましたってことになるとアメリカ大統領はめちゃくちゃ責められるんですよ。

でも「日本人が死にました。なので同盟国である日本を守るためにアメリカ人はロシアを攻撃します」であれば大統領的には何のダメージもないし、むしろ「いけいけー」ってなるんですよ。

なので、ロシアとの壁という形で日本っていう島が必要でしたと、今ロシアってそういう状況じゃないんですけど、今は中国とアメリカっていう対決の中で、中国のめちゃくちゃ近くに日本っていう同盟国があるんですよ。

めちゃくちゃ近いから日本からミサイル撃ったら中国にガンガン撃てるじゃないですか。中国からアメリカ本土には撃てないけど日本には撃てるっていうので、まず中国がアメリカと戦おうとしたら日本を攻撃するよねっていう状態で、北朝鮮もそうなんだけど。っていうのがあるので、日本っていうポジションはすごくおいしいので、「これ独立させた方が得だわ」っていう計算がたったんですよ。







アジアで言うと占領されなかった国っていうのでタイっていう国もあるんですけど、タイもめちゃくちゃ強かったとかじゃなくて、ベトナムとかインドネシアとか中国とか色々と西洋の国が東南アジアの国の植民地を作って、「これ壁繋がったら、ここもめるよね」と。

なので間にあるタイだけ放っておこうと、タイを占領しないで行くとお互い国境に触れないから、お互いにもめなくて済むよね。

だからタイだけは攻めないでおこうねっていうたまたま良いポジションにいたんですよ。

なので、タイはおいしいまま王政っていうのが続いているっていう。

なので、日本とかタイっていうのは地政学的に他の国が攻めない方が得だよねっていうところにあったから占領されなかったっていうのがあって。

まあアメリカには占領されたんだけどね、日本は。

っていうのがあるので、単純に土地の形の問題です(笑)

日本人とかタイ人が超絶優秀だから西洋と戦って勝ったとかそういう話ではないです(笑)







ちなみに世界最強の民族国家でいくと、一番強いのはベトナムなんですよね。

ベトナム戦争ってアメリカと戦ってベトナムが勝ったんですよ。

アメリカと中国って何度も戦争してるんですけどベトナムが勝ってるんですよ。

今世界の二大軍事力のあるアメリカと中国両方と戦って勝った国ってベトナムだけなんですよ。ロシアも勝ててませんと。

なので民族として一番強いのは誰っていうとベトナム人なんですよ。

ゲリラっていうのがあるんで、ゲリラ戦略っていう誰が兵隊で誰が分からないと。

ベトナム本土が戦地になったので、そこの民族の国まで行って勝つときって、全員殺すくらいしかやりようないんですよね。

中世とかの時代って、基本ゲリラが出るから、やべぇなって思った民族って全員殺すってやってたんですよ。

中国とかも40万人生き埋めとかするんですけど、今の時代って全員殺すってできないんですよね。

なので、民間人は残しましょうってやると、民間人の中にゲリラが出てきて暴れだすっていう、フランスで言うとパルチザンみたいな人たちが出てくるんですけどっていう感じで、基本的にゲリラ戦になるとその国の人たちには絶対に勝てないんですよね。

なので、日本もゲリラ戦まで持ち込んだら結構何とかなったかもしれないですけどね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です