ひろゆき ユニクロがこれから伸びる理由とファストファッションの未来を語る! 「ファストファッションの中でユニクロって強すぎるんですよね。多分5年10年したら世界の第2位くらいはユニクロになるかもしれないです。」







ユニクロが強すぎるんですよね。

多分5年10年したら世界の第2位くらいユニクロになるかもしれないですね。

結局今ってファストファッションって言うのが世界中で流行っていて、それを引っ張ってるのがZARAなんですよね。

ZARAはヨーロッパのトップブランドがオートクチュールとかで秋冬コレクションとかやると、それを見て似たような感じのをパクって2週間後に商品棚に並べるんですよ。

要はパット画面に出たものが2週間後に世界中の店舗に回るんですよ。

なので、下手したらそこのブランドよりも商品が早く店舗に回るんですよ。っていうめちゃくちゃ速い速度で出すんですよZARAって。

めちゃくちゃ速い速度で世界中に出すんだけど、2週間後に出すって言うのがあるので、次の商品はもう作ってるので売れた商品をもう一回作るってあまりやらないし、売れなかった商品は在庫として取っておかないでさっさと捨てちゃうんですよ。

要は新しくておしゃれな服が行くたびにあるから、お客さんはZARAに月に2回とか3回とか行ったりするんですよ。

商品の入れ替わりがないんだったらZARAに行ってもしょうがないってなちゃうんですよ。なので、商品の入れ替わりめちゃくちゃ速いんですよ。

縫製も結構雑なので、どうせ2年も3年も着ないので1シーズン着れればいいよねっていうので縫製が雑でそれっぽくて可愛いんだけど材質も安いみたいな。っていうものすごい速度で回して、ものすごい速度で捨てるっていうのをやってるんですけど、今回のコロナ騒ぎでみんなそんなに服買わなくなったんですよ。

そうすると、おしゃれ風の服って買ってもしょうがないよねって至極当たり前の価値観が割と強くなってて、ZARAの次に来るのがH&MっていうスウェーデンのメーカーでH&Mは真似はしてるんですけど、ZARAほど財務的に強くないので商品捨てられないんですよ。

ZARAは1か月商品置かないんですよね。2,3週間で売れなかった商品はすぐに捨てちゃうんですけど、H&Mは1か月くらい商品置いておくんですよ。

ZARAとH&MどっちかだったらZARAに行くよねっていうのが割と若い子の意見って言うのがあって、H&Mはちょっと落ちてきていると。確か赤字になったのかな。







GAPもH&Mと同じ構造で、ただGAPは独自商品をちゃんと作るんですよ。GAPとかユニクロってベーシックなオリジナルの商品を作るんですけど、ベーシックのオリジナル商品ていうのは逆に2か月置いておいても売れるんですよ。

例えば、ユニクロの靴下とかって別に1年前の靴下でもいいんですよ。どうでもいいんで流行で買ってるわけじゃないんで。ユニクロのTシャツとかってただの黒いTシャツなので、3か月後でもいいんですよ安ければ。

なので、ベーシックでそれなりに安くて質が良いっていうのをユニクロは攻めてるんですよ。なので今回の不況騒ぎでもユニクロにそこまで影響ないんですよね。

要はオシャレなものを買いたいんじゃなくて服自体は必要だよねっていうので、それだったらベーシックなもので質の良いものを安く買いたいっていうのでユニクロはそこそこ残るんじゃないかと思っています。

意外とユニクロってファストファッションじゃないんですよ。ユニクロの3000円くらいのダウンジャケットみたいなのが一時期流行ったんですけど、あとカシミヤのセーターみたいなのとか、たまにファストファッションみたいなのを出すんですけど、このシーズンだけ安いのをだすんですけど、ただユニクロってベースは飽きないような黒とか地味なTシャツとかっていうインナーを売るっていうのをやってるので、なのでZARAとかH&Mが落ちていった後にユニクロが伸びるんじゃないかなっていう気がしています。

例えば、ZARA HOMEも流行りのものを安くて質があんまりよくないものを打っていて、IKEAとかはベッドだったりとかインテリアとかもベーシックなものを世界中でずっと売り続けるっていうのをやってるので、ZARA HOMEよりはIKEAの方が安定しているかなと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です