【悲報】ひろゆき 高齢者の学習能力の低さに失望「高齢者は自分の理解できないものを理解しようとする能力と意欲が低いんですよ」

高齢者は何か情報を得るとそれが役に立つよねとか、生活が良くなるよねとかの積極的に勉強することに欠けているんですよ。

自分の理解できないものを理解しようとする能力と意欲が低い人が多くて、「なぜか何の副作用もなくて、なんとなく安心そうで、体にいいんですよ、健康にいいんですよ」みたいなことを言われると、それにすがりたがるんですよね。

ある程度科学的知識のある人だと、「これってどういう作用なのとか、根拠は、成分は何なの?」ってツッコミをいれるんですけど、ある程度年取ってしまった方って、作用とか制度とか成分とか調べる気にならないんですよ。

じゃあ、こういう作用ですみたいな適当に言われてそれって本当にあるのかとか、その作用って他にどういう薬品で使われているのとかって調べれば、こんなのねーじゃんとか、いやいやこれってありえないよねとか分かるんですけど、そういう事を調べないんですよね。なので、何か言われるとそのまま信じちゃう。

例えば、胡麻食ってると寿命が延びるとか、黒酢飲んでると寿命が延びるとか。それが本当なら、厚生労働省が毎日黒酢飲めって言ってくるはずでしょ。





コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です