「広島の人たちって敵に回しちゃダメなんですよね。それを分かってなかったのが河井案里の敗因なんじゃないかなと思います」 ひろゆき(西村博之)

河井案里さんっていうのは、広島の地元の人たちを応援している人を追い抜いて、金ばらまいて当選したんですけど、そうするとその広島の負けた人達っていうのが根に持つっていうのに気付いてなかったんですよね。

広島の人たちを敵に回したっていうので、広島の人たちが、河井案里から金貰ったぜっていうのをバンバン言っちゃうっていうのがあって、それが証拠になって検察が逮捕するっていう構造になるんですけど。。。

広島の人たちって敵に回しちゃダメなんですよね。

大阪とかってタクシーの運転手が横暴だって言われるんですよ。元々ガラ悪いって言われる地域はタクシーの運転手もガラが悪いんですけど、広島のタクシーって凄い丁寧なんですよ。っていうくらい広島って怖いんですよ。





要はガラが悪い言葉遣いをしたらとんでもないことが起こるんですよ広島は。大阪のタクシーの運転手がガラの悪い対応をしたとしても大して怖い人大阪にいないからそんなことできるんですよ。

仮にアメリカ人のマフィアでいつでも人殺すぜっていう人がいたら丁寧に話するでしょ?広島の人は怒らせたら歩道橋落としたりするんですよ。
なので広島の人は怒らせると何されるか分からないし、どんな人がどんな時に切れるか分からないので、広島の人は敵に回しちゃいけないんですよ。

敵に回していい人といけない人が分かってるんであれば横暴な口も利けるんですけど、広島は誰がやばい奴なのか分からないんですよ。なので敵に回しちゃいけないので、広島のタクシーの運転手は誰に対しても丁寧なんですよ。

タクシーの運転手が丁寧になるくらいやばい地域なんですよ。

なので広島の人にお金渡して弱み握らせるなんてやっちゃダメなんですよ。っていうことが分かってなかったっていうのが河井さんたちの敗因なんじゃないかなと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です